住みやすい家 暮らしやすい家を お客様とともに

昭和61年より岡山市内にて事業を始め、 多くのお客様に支えられ、今日にいたります。

住宅・店舗などの新築をはじめ、造改築、リフォームなど、たくさんのご相談、 話し合いの元、

快適な住まいづくりのお手伝いをさせていただいております。

 

わたしたちは、「建てた後の生活」「リフォームした後の生活」を第一に考えています。

デザインや間取りなどはもちろん重要なポイントですが、完成したら終わりではなく、

そこに住む人が「快適に暮らせるかどうか」を常に頭に置き、 家づくりを行っています。

 

総合建設業で培った幅広い経験を持つ社長と  建築士、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター、カラーコーディネーターなど幅広い知識を持つ アシスタントを中心としてスタッフで、

さまざまなお客様のご要望に応えていきたいと思っています。

どうぞ、どのようなことでもお気軽にご相談ください。


pick up 施工例


I’sの建築現場より [ブログ]

岡山市北区 外壁塗装工事

8月末に足場を解体し、

長かった塗装工事がやっと終わりました。

この7月、8月と例年に比べかなり雨の日が多かったですね。

作業できない日も多かったです。

雨じゃない日はすごく暑かったし・・

職人さんは大変だったと思います。

 

出来上がりはこのような感じです。

前は1色だったのですが、今回は少しデザインを加えました

本体の色、ベランダの色、アクセント色と3色塗り分けしています。

写真では本体とベランダと同じ色に見えますが、

ベランダの方を若干白くしています。

 

こういう外装の計画をするとき一番、気に掛けることは

周囲と調和がとれているかどうかです。

個性的にして周りから浮いてしまうようでは

景観をそこねてしまいかねません。

 

この辺りは背の高い建物が少ないので、

少し遠くからでもこの赤いラインがいい感じに目立ちます。

建物案内をするときも「赤いラインの建物」といえば

よい目印になりそうです。


岡山市北区 インテリアコーディネート

岡山市北区平野のトイレインテリア専門店「といれたす」さんの

「オリジナル手洗い」POCKET(ポケット)の発売に寄せて

トイレブースのコーディネートをさせていただきました。

 

黒の手洗いに合わせたシックなコーディネートと

白の手洗いに合わせたフェミニンなコーディネートです。

 

 

新発売の手洗い器とカウンターは下記画像です。↓

手洗い器はコンパクトかつ、水はねしにくい深さを持った円筒形で、

コーディネートしてみて、シンプルな形なので幅広いスタイルに

合わせられる手洗いだと思いました。

一般的なトイレスペースに使い勝手の良い手洗ボウルです。

 

興味のある方は「といれたすホームページ」をご覧ください。

コーディネートの画像に載っている照明、鏡、ペーパーホルダー、水栓なども販売してます。

 

またこの手洗い器は、長崎県の波佐見焼だそうで、

波佐見焼というとこれを思い出しました。

10月には秋陶めぐりが開催されるそうです。楽しそうですね♪


岡山市北区 キッチン周り改修工事

以前新築を施工したお宅のキッチン周りの改修をしました。

新築を建てるときって、使いやすさとか動線とか

すごく考えてすごく検討して、間取りと物の配置とか決めるのですが、

それでも、建てた後使っていて「ここは変えたいなぁ」

というところが出てきます。

一度にパーフェクトはなかなかないんですね。

 

こちらは段差を付けたキッチンカウンターが使いにくく

段差をなくしたいということで再度工事をさせていただきました。

 

1枚目が元のキッチンで

シンプルなオールステンレスのキッチンの背面に

段差を付けたカウンターを設置していました。

 

今回の改修は、その段差のカウンター部分を取って、

木工所で作ってもらった木の天板をキッチンの上に乗せました。

 

そして、カウンター部分と

そことつながっているダイニング机上の照明を新しくしました。

コイズミ照明のペンダント照明で、レッドオークの木飾りからの

間接照明がいい雰囲気を出しています。

 


お盆休みのお知らせ

会社が入っているビルの外壁塗装。

7月は例年以上に雨の日が多く、思ったよりも日にちがかかっていますが、

それでもあと前面の塗装を残すのみとなりました。

これで台風がきても、水が入ってくることもなく安心です。

 

さて、お盆休みですが、(現場は一部稼働していますおりますが)

事務所の方は8月10日(土)~8月18日(日)まで、お盆休みとさせていただきます。


ご不便をお掛けしますが、何卒ご了承の程お願い申し上げます。

 


0 コメント

岡山市北区 外壁塗装工事

会社が入っているビルの、外壁塗装工事を始めました。

実はこの建物は、数年前から雨漏りをしていました。

外壁はALC(軽量気泡コンクリート)というもので施工してあり、

同じくALCの建物の方から、雨漏りがするという相談を時々受けます。

しかも、ALCの建物の雨漏りの特徴は、どこから入っているのかわかりにくく、

簡単な補修では雨漏りを止めにくいのです。

 

ALCは

1.断熱性に優れている

2.に強い

3.地震に強い

といいことずくめなのですが、

水を吸う」という弱点があります。

 

そのため、経年劣化でヒビが入ったり、塗装がはがれたりすると、

そこから水を吸い雨漏りの原因になります。

このような見えるか見えないようなヒビからも水が入ってきてしまいます。

なので、建物全体を塗装することで、雨漏りが止まります。

 

 

今日は足場工事でした。

明日 ネット張りで、その後 水洗い。

来週はコーキング工事で、始まって2週間後ぐらいからやっと塗装工事が始まります。

とは言っても、梅雨期間中の工事なので工期も天気に左右されます。

ビルの入居者の方の洗濯干しなどの制限もあり、協力していただきながら工事をしています。

 

今回は少し、外観の配色を変えてみます。

どのような仕上がりになるか、1ヶ月後をお楽しみに。


岡山市中区 駐車場工事

店舗前 駐車場の工事を行いました。

最近、外構工事の写真が多めでしょうか^^?

この前、外構専門店と間違えて連絡をくださったお客様がいらっしゃいました。

(近くに同じ名前の外構屋さんがあるんですねw(゚o゚)w)

まあ、それはいいとして・・

 

ここは、もともとの駐車場のモルタルがひび割れていて、

そこを補修して、上からセラミック系の舗装材を塗っていたのですが、

やはりそれもひび割れてしまいました。

今回、もう上から直してもよくならないと判断し、

古いモルタルをすべてはつり取って工事し直しました。

 

茶と白を交互に使っているレンガタイルは、

お客様が昔、自ら伊加の窯場でもらってきたものだそうです。

(お客様は器のギャラリーをされているので、器を仕入れに行った際、

 伊加の同じ窯元でタイルをもらったそうなのです)

貼ってくれたタイル職人さんが、

今はもうあまり見ない貴重なタイルだと言っていました。

 

あとは、マスが気になるので、

フタに周囲と同じような色を塗って仕上げる予定です。

 


事務所改修工事

ゴールデンウィーク中に事務所のキッチン(給湯室)をリフォームしようとしていましたが、

床と配管の工事のみできました。

出番待ちのキッチンは、猫の憩いの場になってしまっています。

GW明けからは工事日程が詰まっているので、

事務所の改修工事はしばらくペースが落ちそうです。

工事の過程はICブログで書いていきますので、

DIYに興味のある方はご覧ください。

 

そんな中、これだけは完成しました。

椅子のリメイク、before→afterです。

どこかのリフォーム現場で処分となっていたものを救い出して、

リメイクしてみました。

金属部分を塗装し、座面、背板はクッション材を入れ、布で張り替えました。

布を選ぶのにかなり迷いましたが、座面だけ違う柄にチャレンジして正解!


ゴールデンウィーク休業のお知らせ

4月27日(土)~5月6日(月)まで、ゴールデンウィーク休業とさせていただきます。
ご不便をお掛けしますが、何卒ご了承の程お願い申し上げます。

 5月7日(火)より平常通りの営業となります。

 

この期間を利用して事務所の古くなったキッチン(30年選手です)を入替えようと計画していて、先ほどキッチンが運ばれてきました。

 

今年は10連休の会社が多いですね。

皆様よいゴールデンウィークをお過ごしください。

 

ゴールデンウィーク中は、猫も看板猫の仕事をお休みします。


岡山市南区 モルタルスロープ工事

こんな工事もやっていますシリーズ

いつの間にかシリーズ化しています ^^

今回はモルタルスロープ工事です。

一見、建築工事とは関係なさそうですが、

バリアフリーリフォームのときに合わせて依頼されることも多いです。

 

 

今回の工事のbefore→after写真です。

元は通路に石を敷いていましたが、車いすでは通れないため、

敷石の横にモルタルでスロープを作製しています。

それに伴い量水器ボックス(黄色いフタ)も嵩上げしています。

縁にはピンコロという石を積んで、スロープから車いすが落ちないよう配慮しています。

 

ユニソンのカタログより、ピンコロ石とその施工例です。

これを見れば「あ~よく見る」という石だと思います。

きっちりした四角ではなく、自然な風合いで「和」にも「洋」にも合います。

 

 

最近、工事した他の施工例は、敷石の両サイドをモルタル土間としました。

工事のbefore→after写真ですが、

通路の真ん中に敷石がある場合は、この方法で車いすも通ることができます。

(大きい石は土の中から出てきたもので、この後処分しました)

 

車いす通行でなくても、歩行で階段を上がるのが大変な場合は、

「スロープ+手すり」を取付けたりもします。

バリアフリーリフォームについては色々な方法がありますので、どうぞお気軽にご相談ください。


倉敷市 小屋裏工事

小屋裏を収納に改造する工事が始まりました。

小屋裏とは天井の上で屋根の下です。

屋根の形や勾配にもよりますが、天井上には このように結構な空間があります。

(右は断熱材を入れた後です)

収納場所に困ったら、リフォームで小屋裏を収納にすることもできます。

但し、それには建築基準法の決まりごとがあって、天井は1.4m以下で

床面積は小屋裏を設置する階の1/2未満となります。

それ以上になると、居室として床面積算入されるので採光や換気計算も必要で確認申請が必要となる場合もありますのでご注意ください。

 

最近では新築時から小屋裏収納を設けるケースも多いですね。

空間を有効に利用することかできます。

施工例はこちら