住みやすい家 暮らしやすい家を お客様とともに

昭和61年より岡山市内にて事業を始め、 多くのお客様に支えられ、今日にいたります。

住宅・店舗などの新築をはじめ、造改築、リフォームなど、たくさんのご相談、 話し合いの元、

快適な住まいづくりのお手伝いをさせていただいております。

 

わたしたちは、「建てた後の生活」「リフォームした後の生活」を第一に考えています。

デザインや間取りなどはもちろん重要なポイントですが、完成したら終わりではなく、

そこに住む人が「快適に暮らせるかどうか」を常に頭に置き、 家づくりを行っています。

 

総合建設業で培った幅広い経験を持つ社長と  建築士、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター、カラーコーディネーターなど幅広い知識を持つ アシスタントを中心としてスタッフで、

さまざまなお客様のご要望に応えていきたいと思っています。

どうぞ、どのようなことでもお気軽にご相談ください。


pick up 施工例


I’sの建築現場より [ブログ]

事務所改修工事

ゴールデンウィーク中に事務所のキッチン(給湯室)をリフォームしようとしていましたが、

床と配管の工事のみできました。

出番待ちのキッチンは、猫の憩いの場になってしまっています。

GW明けからは工事日程が詰まっているので、

事務所の改修工事はしばらくペースが落ちそうです。

工事の過程はICブログで書いていきますので、

DIYに興味のある方はご覧ください。

 

そんな中、これだけは完成しました。

椅子のリメイク、before→afterです。

どこかのリフォーム現場で処分となっていたものを救い出して、

リメイクしてみました。

金属部分を塗装し、座面、背板はクッション材を入れ、布で張り替えました。

布を選ぶのにかなり迷いましたが、座面だけ違う柄にチャレンジして正解!


ゴールデンウィーク休業のお知らせ

4月27日(土)~5月6日(月)まで、ゴールデンウィーク休業とさせていただきます。
ご不便をお掛けしますが、何卒ご了承の程お願い申し上げます。

 5月7日(火)より平常通りの営業となります。

 

この期間を利用して事務所の古くなったキッチン(30年選手です)を入替えようと計画していて、先ほどキッチンが運ばれてきました。

 

今年は10連休の会社が多いですね。

皆様よいゴールデンウィークをお過ごしください。

 

ゴールデンウィーク中は、猫も看板猫の仕事をお休みします。


岡山市南区 モルタルスロープ工事

こんな工事もやっていますシリーズ

いつの間にかシリーズ化しています ^^

今回はモルタルスロープ工事です。

一見、建築工事とは関係なさそうですが、

バリアフリーリフォームのときに合わせて依頼されることも多いです。

 

 

今回の工事のbefore→after写真です。

元は通路に石を敷いていましたが、車いすでは通れないため、

敷石の横にモルタルでスロープを作製しています。

それに伴い量水器ボックス(黄色いフタ)も嵩上げしています。

縁にはピンコロという石を積んで、スロープから車いすが落ちないよう配慮しています。

 

ユニソンのカタログより、ピンコロ石とその施工例です。

これを見れば「あ~よく見る」という石だと思います。

きっちりした四角ではなく、自然な風合いで「和」にも「洋」にも合います。

 

 

最近、工事した他の施工例は、敷石の両サイドをモルタル土間としました。

工事のbefore→after写真ですが、

通路の真ん中に敷石がある場合は、この方法で車いすも通ることができます。

(大きい石は土の中から出てきたもので、この後処分しました)

 

車いす通行でなくても、歩行で階段を上がるのが大変な場合は、

「スロープ+手すり」を取付けたりもします。

バリアフリーリフォームについては色々な方法がありますので、どうぞお気軽にご相談ください。


倉敷市 小屋裏工事

小屋裏を収納に改造する工事が始まりました。

小屋裏とは天井の上で屋根の下です。

屋根の形や勾配にもよりますが、天井上には このように結構な空間があります。

(右は断熱材を入れた後です)

収納場所に困ったら、リフォームで小屋裏を収納にすることもできます。

但し、それには建築基準法の決まりごとがあって、天井は1.4m以下で

床面積は小屋裏を設置する階の1/2未満となります。

それ以上になると、居室として床面積算入されるので採光や換気計算も必要で確認申請が必要となる場合もありますのでご注意ください。

 

最近では新築時から小屋裏収納を設けるケースも多いですね。

空間を有効に利用することかできます。

施工例はこちら


岡山市北区 外壁塗装工事

昨年12月頃からずっと 外壁塗装工事が続き、

塗装を依頼していただいたお客様にはお待たせをしてすみません。

工務店の施工範囲は、大工工事、水回り工事、内装工事、塗装工事、屋根工事、外構工事などなどかなり幅広いのですが、同じ工事が続くことって不思議とよくあります。

「工務店あるある」ですね。

さて、塗装工事には当然のことながら、足場工事が付いて回ります。

足場の外側には養生シート(メッシュシート)を張ります。

写真ではグレーのシートです。

養生シートは塗料の飛散防止と、また現場で落下した材料が飛散するのを防止します。

 

メッシュなので一応、風は通しますが、台風などの強い風の時にシートを張ったままにしておくと、足場が移動したり倒壊し近隣建物や住民を傷つける可能性があります。

今頃の春一番が吹く時期や台風の時期などは、足場の責任者は特に天候を気にして、それによって養生シートをたたんだりしなければなりません。

工事業者も万全の対策を取っているとは思いますが、自然相手のことなので

強風時に足場の近くを通る場合は、少し気を付けて通ってくださいね。

 

また、塗料の種類のことなどは、以前のブログに書いていますので、参考にしてください。


棚工事

リフォーム工事のオプションで

「ここにちょっと棚がほしい」という依頼を受けて

棚を取付けることがよくあります。

最近、これが結構 喜ばれています。

写真の施工例に使っているのはタモの集成材です。

タモは木目が美しく、また強度もあることから家具材に使用されることも多いです。

 

3枚目の施工例では、これから棚の背面壁30cmぐらいにモザイクタイルを貼るので、

少しかわいらしい感じになります。

 

棚をUPにしてみました。

タモの集成材はこういう木目と色なので、ナチュラルで割とどこにでも合いやすいです。

※2枚目の画像は棚背面に施工予定のモザイクタイルです。


岡山市南区 増築工事

家族が増えたり、子どもたちの成長だったりで、家を増築することがあります。

建築基準法では(防火地域・準防火地域以外の地域)10m2未満の増築であれば、

建築確認申請は不要となります。

こちらの建物は6畳の増築なので、確認申請は不要です。

でもそれは申請の書類提出が不要というだけであって、

増築後の建物は建築基準法の規定に適合させる事が必要です。

 

増築とは言っても、新築工事と同じで基礎工事から始めていきます。

屋根も外壁も必要なので、費用としては割高となってしまいますね。

 

それでも土地があれば、このように1F部分での増築が可能なので、

家が手狭になってしまったときは1つのよい案だと思います。

1月29日追記   [写真2枚目]

23日から基礎工事を始め、

本日無事、建て方(建物の骨組みを組み上げる)工事が終わりました。

ここまで来ると完成形が見えてきますね。


駐車場 白線ライン引き

こんな仕事もやってますシリーズ

 

うちは建築工事が主なので、滅多にないのですが

駐車場のライン引きも、依頼があれば施工いたします。

 

駐車場のラインは長年使用していると

どうしても薄くなったり、消えたりします。

そのために隣の車とのトラブルが起こる可能性もあります。

消えかかったラインは早めに引き直しすることをお勧めします。

 

やはり、引き立てのラインは白が際立ってきれいだな~

新年ということもあってか清々しく感じます ^ ^


冬季休暇のお知らせ

年末までバタバタで、現場ブログの更新ができていませんが・・・

 

平成30年12月29日(土)~平成31年1月6日(日)までを

冬季休暇とさせていただきます。

来年もどうそよろしくお願いいたします。


岡山市北区 テント張替え工事

15年前に新築で建てていただいた店舗テントの張替え工事です。

日当たりなど条件によっても変わりますが、店舗用テントは基本的には10年前後での張替えをお勧めします。

テントはお店の景観・イメージとなる大事な看板・デザインとなりますので、汚れが落ちなくなったり、色あせが激しいとお店の雰囲気を損ねてしまいます。

赤や黄色など華やかな色ほど色褪せも早くなります。だからといって薄い色がいいともいえません。

濃い色はやはり人目を惹きますし、意匠性もよい場合があります。

お店のカラーもありますしね。

 

基本的に工事は1日作業で完了しますので、お店の定休日などに合わせての施工が可能です。