インテリアコーディネーターの仕事

ICってインテリアコーディネーターのことです。では、インテリアコーディネーターって何をする人?

私(IC)も自分で思います。ICって何をする人なんだろう?

一般に工務店のICといえば「壁紙の色を決めたり、照明器具を選んだりする人」というイメージでしょうか。

確かにそういう仕事もやっています。でも、本来、コーディネーター[co-ordenate]とは、調整する人、調和させる人という意味です。インテリア空間を住まい手の立場に立って、安全で快適に過ごせるよう調整する役割があります。トータルコーディネートをすることはもちろんですが、お客様の代弁者となり、設計者や現場監督に要望を伝えます。お客様と工事側の「かけ橋」のような役割ができたらいいなと思っています。

そんなICの日々のつぶやきブログです。 筆者プロフィール


家具を購入する2

前回のブログの続きです。

自宅のTVの購入を考えて、やっと好みの家具が見つかりました。

 

福岡県大川市で家具づくりをする立野木材工芸と、2人のデザイナーがタッグを組み誕生したBENCA」という家具ブランドです。

堅い無垢材を使っているのにやわらかい印象で、立ち姿はどことなくふわっと軽快でやさしい印象。

それは「女性がくらしを楽しめるように」と細部にまで気を配ったデザインだからだそうです。

この家具なら自宅に帰ってホッとできる(*'▽')

(最後のねこベッド 気になりますよね~)

 

サイズを見たら、今まで見ていた家具より一回り小さめで、本当に自分が探していたものに(高さ、幅、奥行きとも)ピッタリのものでした。

そして、家具屋さんとやり取りをし、展示品が見られる場所や近くの販売店などを教えていただき購入しました。

全体を入れようとしてちょっと角度が違うのですが、

before→afterです。スッキリしました。

上の写真で紹介したもの(ANEMONE)とは違うMIMOSAというシリーズのもので、これも希望していたブラックチェリー無垢材 オイル塗装仕上げです。

脚まわりがキレイで重たい感じがしません。

ブラックチェリー材は使い込むほど飴色に変色してくるそうなので、それも楽しみにしています。

たかが家具ひとつなんですけど、探すのに時間がかかり、探している最中はイヤになってきたり、なんでもいいと思ったりもしましたが、やっぱりあきらめないで、自分の欲しいものを手に入れると満足感が違いますね。

 

このブログで紹介したかったのは、このブランドがいいよということではなく(もちろんいいです♡)、自分が欲しいものを明らかにする作業をしていくことの大切さ・・みたいなことです。

 

ちなみに、家具はこちらで購入しました。ショールームには色んな家具があるので、自分の「好き」を探すのにふらっと寄ってみるのもおススメです。


家具を購入する1

自分の部屋のTVボードを購入したいと思いながら2年、なかなか行動に移せずにいました。

自分で家具を選ぶって難しいんですね。客観的に見られないので・・。

できれば買わないでいる方が楽です(笑)

今買うとたぶん一生付き合うことになるので、失敗はしたくない。

ぐずぐずしている間に、あっという間に2年以上たって、

さすがにもうそろそろ買おうと、真剣に家具を探し始めました。

いいものは沢山あるし、見れば見るほど

う~~ん、もうなんでもいい、と思ったりする。

だってどれもいいんだもん。

A社のこれとか、M社のこれとか・・作製家具も検討しました。

実物も見たけれどどれもとてもいい作りです。

そしてもう、M社のこれに決めた!(ただし、ブラックチェリー色ね)と思うものの、どうしても注文できない。

 

私のテレビ台は今までカラーボックスのようなものでした。引っ越しが多くて、「じっくりここで暮らす」という意識がなく、いつも仮住まいの気分でした。

でも、もうそろそろ仮住まいでもいいから、毎日暮らしている部屋を良くしたい、いつも見ている景色をいいものにしたい、

と思うようになりました。

そういうことが、少なからず自分に影響を与えていると思うからです。

 

で、どうしても注文できないということは、何かが違うんだろう。

「これからどういうふうに暮らしていきたいのか」それを真剣に考えました。

私はこんなにきっちりした 大きいりっぱな家具に囲まれて暮らしたい訳じゃない。

(念のため、A社もM社もいい家具です)

もっと私らしい、やさしいこじんまりした家具があるのではないか?

そう思って探し始めたら、・・・やっぱりありました!

 

ちょっと長くなってしまったので、続きは次の記事へ^^


隈研吾氏デザインのキッチンハウス

隈研吾氏といえば、2020年東京オリンピックの新国立劇場の設計ということで有名になりましたね。

その隈研吾氏がデザインしたショールーム「キッチンハウス」を見に行ってきました。

なんと、岡山にあるんですよ。うちの会社のすぐ近くです。

キッチンは「選ぶ」のでははく「つくる」というコンセプト。

オーダーキッチン老舗のキッチンハウス。ここのショールームでは、キッチンをつくる楽しさを教えてくれます。

現実可能な夢の世界とでもいえばいいのでしょうか。

 

一番目の写真はショールーム入ってすぐのところに展示されているものです。

ここだけの話、このキッチンを買うお金で家が建ちます。

このキッチン買ったら、家が建てられないだろう!?みたいな・・(笑)

家がないのにキッチンだけあっても仕方ないし、みたいな・・(笑)

それでも、家も建てて(もちろん普通の小さい家ではダメ)このキッチンも買う-そういう人たちも世の中にはたくさんいるんだな(@_@)

と、キッチンの良し悪しよりさきに、そういう変なことが頭の中でぐるぐるしたり、

もちろん、自分がこのキッチンに立ったら・・という夢のようなことも考えてニヤニヤ。

この豪華なショールームを見ているだけで、自分もこういうキッチンを買えるだけのお金持を持っているような気分になります。

 (いろんなキッチンを見ながら、どれを買おうかなとか思ってる)

 

このブログを読んで、そんなとこ行けないわ(^^;

と思わないでください。

2Fには一般人にも手が届くであろう、別ブランド(GRAFTEKT)のキッチンや家具もあります。(写真6枚目)

でも、2Fへ一目散に行く前に、ぜったいに買わないであろう豪華なキッチンも堪能してみてほしいと思うのです。

そして、自分の内側からのつぶやきに耳を傾けてみてはいかがでしょうか?

 

近くのトーヨーキッチンショールームもリニューアルしたとのことで、帰りに寄ってみました。

こちらもまた、夢のような別世界が・・♡

このショールームには2、3枚目(Kartell HPより画像をお借りしました)のような小物も置いているので気軽に立ち寄りやすくなっています。

至福の時間を味わえますよ。


DIYコーディネート

トイレインテリア専門店「といれたす」さんのトイレブースを

コーディネートさせていただいています。

第一弾「男前インテリア」

第二弾「大人カワイイインテリア」

という雰囲気で作ってみました。

(第三弾、どういうふうにしようか思案中~♪)

こちらはDIYを応援しているお店で、壁紙、タイル、塗装など

施工はすべてお店のスタッフの方でやっています。

(注:スタッフの方は職人さんではありません 笑)

こんなのムリムリ・・と思われた方、意外とやれます。

(でも、みんながやれてしまうと工務店の仕事が少なくなくなってしまうんですけどね(^^;)

 

実はこの壁紙は「輸入クロス」を使用しています。

アメリカやヨーロッパなどの海外では、

DIYでクロスを貼ったり、塗装したりするのは普通のことなので

職人さんじゃなくても施工しやすいものが売られています。

状態にもよりますが、今のクロスの上からも施工できたりもします。

幅も50~60cmぐらいのものが多いので、一人でも貼れます。

そのうえ、発色も質感もいいのできれいです。木目やタイルもリアルですね。

その分値段は高いのですよ。

そのお値段も含めて、興味がある方はぜひ見てみてください。

→といれたす輸入壁紙


モルティーニSRへ       

大阪へ行ったついでに 家具が見たくなって、アルフレックスのショールームへ寄りました。

やはり、いい雰囲気だなと思ってショールームを後にしようとしたところ、

「よかったら、モルティーニのショールームが下にあるのでご覧になりませんか?」とスタッフの方が声を掛けてくださいました。

(モルティーニといえば、ハイクオリティなイタリアブランドの家具・・

見ても買える値段ではないことはわかっているけど、せっかくなので見せてもらおう)

と見学をお願いしました。

かなり広いショールームの鍵を開けてもらって、一人でスタッフさんに案内してもらう。

えっ、一人で・・いいのかな、見るだけなのに(ちょっと汗)。

それでも、部屋に入った途端その空間に魅せられて、変な遠慮は忘れてしまいました。

スプーン1本、タイルの目地・・そういう小さなことにもすべてこだわって洗練された空間が創られていました♡

(キッチンはDada)

家具を見るというより、空間全体がステキにコーディネートされていて、暮らし方の提案をされているようでした。

空間配置、異素材の組み合わせなどなど大変勉強になりました。

モルティーニはイタリアのブランドですが、オリエンタルな雰囲気もあり、洗練されているけれど、ほっと心が落ち着くようなそんな感じでした。

 

家具を選びにショールームへ行くときは、家具だけだなく空間全体を見てみてください。

照明の選び方、アートや花の飾り方、空間全体の雰囲気を味わってください。

そして、いいものをたくさん見てくださいね。

 

ipad写真の腕が悪く、画像がイマイチだったので、気になる方は下のURLを覗いてみてください。本当に素敵な空間でした。

モダンリビングの記事です。

http://modernliving.jp/shimoda/kizuki_2017_0620


カーテン選びのコツ

スミノエのカーテンは好きて、新作発表会には毎回行っています。

今年は「ULife」というエレガント&ナチュラルなコレクションの新作発表がありました。

一番目の写真、馬車ですよ~。かわいい♡

ちょっと個性的はガラばかり撮ってきてしまいましたが(^^;、・・

どうしても、こういう可愛いいものに目がいきますね。

 

では、どういう風にカーテンを選んでいくのがよいでしょうか?

基本はやはり、自分が心惹かれるものが一番です。

なのですが、カーテンのショールームへ行くと、

まずカーテンの多さに驚き、あれもいいこれもいいとなって

ステキなものが沢山あって、舞い上がること間違いなしです(笑)

 

カーテンだけを見るのではなく、部屋全体のイメージを考えることが大切です。

できれば、どういう感じにしたいかを事前に雑誌など見て、

だいたいの着地点を決めてからショールーム、またはお店に行くのがよいかもしれません。

 

カーテンの面積にもよりますが、

大きな窓の場合、その部屋にかなりの影響を与えます。

その部屋でどう過ごしたいか。

色にもいろいろ作用があります。

元気になりたいなら、暖色系、

穏やかにすごしたいなら、自然の森も色でもある緑系、茶系

また、ブルー系には鎮静作用があります。

圧迫感がないほうがよければ薄い色、

全体的には、クリーム、ベージュなどが人気があるようです。

 

色だけではなく質感も

分厚いもの、パリッとしたもの、やわらかいもの、

シャリ感のあるものなどいろいろありますね。

毎日、開け閉めするカーテンなのでしっくりくるものを、楽しみながら選んでみてください。

よくわからなかったら、ぜひぜひインテリアコーディネーターにご相談ください^^


木の名前を調べています

↑この画像の木がそうなんですけど、会社の庭にある木で、これが何だかわからないのです。

(葉っぱがハート型でかわいい)

色々ネットで探してみて「カツラ」だろうと思っていました。

でもカツラって下の左の画像は似ているけど、葉っぱを大きく撮ったら、ギザギザしていて少し違う。

それで次に見つけたのが下左の「マルバノキ」(マンサク科)

そして、右の「ハナズオウ」(マメ科)

も怪しい。

この2つは葉っぱの画像は似ていますが、花がまったく違う。

会社のナゾの木は何年も前からあるけれど、花が咲いたのは見たことがない。

それとも、たくさん植物があるから気づかなかっただけかも・・

とすると、「マルバノキ」かもしれない。

どういう状況にあろうともハナズオウの花に気づかない訳がないし。

今年の秋は花に注目してみよう(^^♪


掃除機の話2

前回のブログの続きで、

事務所用の掃除機を買いました。

メーカーは・・・

ご覧の通り「ダイソン」です。

ねこ友(=^・^=)からも、毛を良く吸ってくれるとよい評判を聞いていたし、打ち合わせに行ったときにお客様の家でよく見かけるんですよね。

これはきっといいものに違いない!と思って購入しました。

 

よく吸うことと、コードレスなので手軽に使えるのはよかったです。

けれど、私には少し重い。

コードレスなので重さは仕方ないのでしょうかね。

1日目は指の皮がむけてしまいました。

(それ以降は同じ場所に当たらない用に気を付けています)

買う前に、お店で試し動作もさせてもらったのですが、その時は短時間だったためか重さはあまり気になりませんでした。

 

それから、ゴミの捨て方がトルネオに比べて少し難しい。

-という訳で、個人的には前記のトルネオに軍配が上がりました。

 

収納はダイソン いいですね。

しまいやすいし、出しやすい。

(ただ色が独特なので、あまり目立つ場所には置きたくないかな・・)

それよりも一緒に写真に写っている縄をぐるぐる巻いたものの方が気になるわ( ゚Д゚)

と言われそうですが、

これは天井近くにあるキャットウォークに上るための猫の足掛かりを手作りしました。

でも、ぜんぜん使ってくれないんですよね~


掃除機の話

もう1年以上前から、

というか3~4年ほど前にウールのカーペットを買ったときに

「良いカーペットを敷くなら、良い掃除機とセットで買った方がよい」

とカーペット屋さんに言われました。

結局その時は、カーペットだけ買って

まあそのうち掃除機を買おうと思っていました。

これ、その時の画像です。

(猫がパリパリするかと不安でしたが、パリパリせずにくつろいでくれたので安心しました)

で、

ここまで掃除機を買うのがのびのびになっていたのは

どの掃除機がよいかわからなかったからです。

電気屋さんへ行って、比較検討するのもわずらわしい・・・

 

それまでマキタのコードレス掃除機を使っていましたが

旧式なのでパワーが弱く、フローリングでは大丈夫でしょうが、カーペットにからまった猫の毛を吸ってくれませんでした。

掃除機+コロコロでなんとかしのいでいたのですが・・

 

もう限界な感じで、周りの方からの情報を集め、

電気屋さんでの実演コーナーで試し、ついに

コレを買いました!ジャーーン!!

結果、星5つ付けられるぐらいよかったです。

もっと早く買えばよかった。

すごく細かいゴミまで吸ってくれます。

正直、サイクロン式ってどうなのかな?と思っていました。

毎回ゴミ捨てって面倒じゃないのかな?と。

それが、面倒じゃなくて楽しいんです!

今日はこれだけゴミが取れた、とゴミの量が見えるので

やった感がある。

楽しくてほぼ毎日掃除機かけています。

(ちなみに、決して掃除好きな方ではありません(^^;)

一番気になっていたカーペットにからまった猫の毛も、難なく吸ってくれています。

 

さて、会社の掃除機も古くなってきているので新しいものを注文しました。

自宅で買ったものとは別のメーカーです。

またブログでご報告しますので、掃除機を検討されている方がいらっしゃいましたら、

どうぞお楽しみに♡


インテリアショップ巡り

 先日、大阪の心斎橋のインテリアショップ3店舗を見て回りました。

「カッシーナ」「アルフレックス」「アクタス」です。

家具などを買う際にショップを回るときは、高級なお店から回るのがお勧めです。

買えないような高いお店もぜひ見るリストに入れてほしいと思います。

上質なもの、上質な空間を見る目が養われるからです。

 

 カッシーナの洗練された空間は素晴らしかったです。家具はもちろんなのですが、照明やアートなどその空間の作りにため息がでます。

ただ、家具のサイズが大きいので一般の住宅に入れるとなると難しいものが多いです。そして、何よりも値段のハードルが高い・・

でも、家具は買えないとしても、同ブランドのリネンやバスマットはちょっと頑張れば買えるかも♡

また、アレッシィの食器なども置いていて、これもかわいくてテンションのあがるものたちでした。

 

 今回、私の好みにヒットしたのが、アルフレックスでした。

カッシーナを男性的とするならば、アルフレックスは女性的。

そのグレイッシュで(他の色もありますが)、繊細な世界に魅了されました。

あぁ、私ってこういう女性的なものが好きなのね(#^^#)

と何店舗か回ると、自分の好みを見つけることもできます♡

 

 で、3店舗目のアクタスでやっと現実的な値段を見て、現実的思考になってきました。(とは言っても結構いいお値段ですけどね)

今、TBSテレビドラマ「あなたには帰る家がある」を見てるんですけど、中谷美紀さん&玉木宏さん家族の家のソファや、近所のカレーシ屋のお皿など、家具から雑貨までアクタスの商品だそうです。ドラマを見ながら、気になる家具をチェックしてみるのも楽しいですよ♪